本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

読んでいる本 43

本を読むときは、1冊をじっくり読むというわけではなく、数冊(2〜4冊)を並行して読みます。

読んでいる本のメモです。

●『四次元温泉日記』

宮田珠己

ちくま文庫

2015年文庫化

→風呂嫌い、家に風呂があるのになぜわざわざ温泉に行くのか、などと温泉にちっとも興味のなかった著者。迷路と化した温泉旅館にアトラクションを感じ、温泉が持つ奇妙さに惹かれ、次第にハマっていく。泉質とかそういったことにはこだわらない(というか、よくわからないらしい)、妙な湯けむり紀行。

●『アジア未知動物紀行 ベトナム·奄美·アフガニスタン

高野秀行

講談社文庫

2013年文庫化

→「未知」のものがどうしようもなく好きな著者が、アジアで「未知動物」を探す。ベトナムの猿人「フイハイ」、奄美大島の妖怪「ケンモン」、アフガニスタンの凶獣「ペシャクパラング」。いるかいないか、現地に旅立った著者が見た現実は?