本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

読んでいる本 38

本を読むときは、1冊をじっくり読むというわけではなく、数冊(2〜4冊)を並行して読みます。

読んでいる本のメモです。

●『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』

角幡唯介

集英社文庫

2012年文庫化

チベットの奥地、ツアンポー峡谷には「空白の五マイル」と呼ばれる秘境がある。過去には名だたる探検家が挑み、跳ね返されてきたその峡谷には伝説の滝があるといわれる。そんな峡谷に命の危険も顧みずに挑んだ著者が見たものとは。

●『イケズの構造』

入江敦彦

新潮文庫

2008年文庫化

→京都生まれ京都育ちロンドン在住の生粋の京都人の著者が、京都を訪れる人をおびえさせる「京都人のイケズ」について、恐ろしい爆笑エピソードや歴史的分析、誤解のツボと真相、古典的名著のイケズ誤訳までと、存分に語ったエッセイ。