本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

竹富島&石垣島旅メモ 竹富島編

11月中旬

1日目は晴れ&曇り

2日目は超晴れ

飛行機で那覇から石垣島、高速船で石垣島から竹富島へと、あれこれ乗り継ぎ竹富島へ。

竹富島には2泊するため、のんびり観光予定。

1日目。

まずは、何はともあれ水牛車観光。

私たちは竹富観光センターの方で体験(もう一つは新田観光のがある)。

私たちを乗せてくれた水牛は結くん(♂)という名の巨水牛であった。

石垣に囲まれた赤瓦屋根の家屋と白い砂の道を結くんの引く車に揺られガイドのお姉さんの案内と三線、民謡はテレビでもよく見る、ザ•竹富島観光。

時間にして約20分ほどと、時間にしてはそんなに長くはないけど、旅気分は確かにあがる。

その後、歩いて西桟橋という、島内きっての夕日スポットへ。

この日は雲もそこそこ出ていた。

が、その雲が逆に、いい感じに夕日を隠してて、雲の下から夕日の光が漏れて、天使のはしごができていた。

にしても、なかなかの風吹きっぷりで肌寒かった。

夜は満点の星空、だったんだが、眼鏡を持たずにきたため、ぼんやり。

2日目。

この日はレンタサイクルで島巡り。

第一ポイントのコンドイ浜へ。

ネコがたくさんいたよ(お世話してる人がいはるもよう)、砂浜にところどころネコの足跡が残っていたよ、あぁ愛くるおしい。

昼前に到着したせいか、ほとんど人がいなくて、静かにのんびり海とネコを眺めていたよ。

コンドイ浜からさらに南下し、第二ポイントのカイジ浜へ。

この時、昼くらいなっていたので、船で渡ってきた観光客の人たちもたくさんいて賑やかだった。

ここは星砂の浜で有名らしく、星砂を探している若者たちがたくさんいた。

たくさんの若者たちで賑わうカイジ浜をあとにして、第三の目的地の集落へ。

ジリジリどころじゃない強烈な日差しにダメージを受けつつ自転車をこぎ続け、仲筋集落にある、ISLAND CAFE ちろりん村に到着。

生パインスムージー(800円)でクールダウン。

超パインで美味であった。

再び自転車をこぎ、北上し集落内へ。

ブーゲンビリアやらハイビスカスやら、南国の花を眺めたり写真を撮ったりしつつ、時々白砂にタイヤをとられながらもずんずん進む。

お昼ごはんは東集落にある民芸喫茶マキで冷やしゴーヤー麺(500円)を。

ゴーヤーを練り込んだ麺をそばつゆでいただきます。

さっぱりした味でのど越しもよくて、暑い日にはピッタリ。

軽めの昼ごはん、ということは、食後のデザートは外せない。

ので、ぱーらー願寿屋でアイスパフェを。

頼んだのは南国パフェ(600円)という、パインアイス、ココナッツアイスにさわやかな南国フルーツのソースがかかっていて、甘すぎさっぱりしてて、甘党とは真逆の地点にいる私でも美味しくいただけました。

いったん宿に戻ってひと休みしてから、夕日を求めて、再びコンドイ浜へ。

が、やっぱり西桟橋の方がいいな、ってことで西桟橋へ。

この日はほとんど雲もなかったため、夕日がドンピシャ過ぎて目が、目がぁ。。。!

しかしきれいであった。

夕日なんてふだんは眺めることもないのである、しかし、朝日はもっとない、旅先でもない、なぜなら朝早く起きれないから。

それはどこにいても変わらない。