本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

今読んでいる本 25

本を読むときは、1冊をじっくり読むというわけではなく、数冊(2〜4冊)を並行して読みます。

 

今現在、読んでいる本のメモです。

 

●『旅する胃袋』

篠藤ゆり 著

幻冬舎文庫

2012年文庫化

→高度4000メートルのヒマラヤで体に染み渡る温かいバター茶に癒され、あらゆる食材を食い尽くす香港では禁断の味覚に触れ、インドの砂漠でラクダに揺られた後食べた野菜カレーに疲れた身体を解きほぐされる。食への好奇心が全開になった旅先で味わった忘れられない食べ物たちと旅先の風景。胃袋を通して世界を見た著者が描く食の紀行文。

 

●『最初の、ひとくち』

益田ミリ

幻冬舎文庫

2011年文庫化

→幼い頃、テレビコマーシャルのようにわざと「ヒーヒー」言いながら食べたカラムーチョ、炭酸が口の中でビチビチはじけるコーラを初めて口にしたときの驚きや興奮、大人になってから初めて食べたしゃぶしゃぶは会社の人たちとひとつ鍋を囲んだ幸せな思い出。誰にでもある、最初のひとくちの記憶をたどった先にある、心の奥に眠っていた思い出がよみがえる食のエッセイ集。