本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

今読んでいる本 23

本を読むときは、1冊をじっくり読むというわけではなく、数冊(2〜4冊)を並行して読みます。

 

今現在、読んでいる本のメモです。

 

●『痕跡本の世界』

古沢和宏 著

ちくま文庫

2015年発行

→古本の中に残された、元の持ち主によるメモや感想、挟み込まれた手紙や写真。著者はそんな痕跡から妄想を膨らませ、またある時は分析をする。痕跡本から本と人との関係性を考えた本。

 

●『世界一周恐怖航海記』

車谷長吉

文春文庫

2010年文庫化

→還暦を過ぎた著者は嫁はんにせがまれ船で世界一周の旅に出ることに。著者曰く、“小さなより濃密な日本社会”の船内の同行者たちを観察考察したり、自らの半生を顧みたり、降り立った異国の地での思いを綴ったりした航海記。

 

●『内地の歩き方 沖縄から県外に行くあなたが知っておきたい 23のオキテ』

吉戸三貴 著

ボーダーインク

2017年発行

→現在、コミュニケーションスタイリストとして活躍する沖縄出身の著者。そんな著者は大学時代に東京での生活になじめず帰郷。その体験から、進学や就職で沖縄を出る人たちに向けて書かれたガイドブック形式のアドバイスの数々。内地流の適度なコミュニケーションの取り方、内地の「律し合う文化」と沖縄の「許し合う文化」など、内地出身の人間でも「なるほど」と思える一冊。