本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

沖縄旅記録&所感 4日目

1月下旬某日 曇&晴れ

なんやかんやで旅は最終日。

朝食をとり、荷物の発送をすませ、宿をチェックアウト。

モノレールの2日乗車券がまだ使えたため(2日というのは買った日から2日間ではなく、買ってから48時間ということみたい、良心的だと思う)、いったん空港に向かい荷物をコインロッカーに入れて、再びモノレールに乗る。

牧志駅で降りて、壺屋やちむん通りを目指す。

歩いているうちにお昼時になったので、とりあえず昼ごはんにする。

“自然食とおやつの店 mana”というお店で、沖縄の自然栽培野菜を中心にした食材を使ったごはんを食べる。

丁寧で優しい味がした。

あれだけ野菜がたくさんあって手間もかかってそうな料理たちだったのに、価格が良心的だった、私の地元なら1.5倍以上はするだろう。

そこからほど近い“琉球銘菓くがにやあ”というお店で、ちんすこうなどを購入。

お店の店員さんが良い感じだった。

そして、壺屋やちむん通りへ。

数年前にも訪れていてその時も皿やら茶碗やらが欲しいと思いつつ買わずじまいで、今回もやっぱりそうなった。

少し早めに空港に戻り、最後に本や土産物を見つつ買いつつ時間を潰す。

そして飛行機は沖縄を飛び立った。

飛行機の中で食べた“くがにやあ”のちんすこうは素朴でまじりけのない味がして美味しかった。

そういえばふと気付く、今回の旅では海を一度も見てなかったということに。

観光も首里城くらい。

でもそもそも、当初から那覇市内を街歩きするつもりだけだったから何も問題はないんだけれど。

欲しいものも買ったし、聴きたいものも聴いたし、見たいものも見た。

食べることにはさしてこだわりがないので、美味しいものが食べられた時はラッキーだった。

首里城以外はいつもと変わらない街歩きの旅だったけど、そういう旅も自分には向いていると思う。

地元側の空港から一歩外に出たら、凍えそうなくらい寒かった。