本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

今読んでいる本 17

本を読むときは、1冊をじっくり読むというわけではなく、数冊(2〜4冊)を並行して読みます。

今現在、読んでいる本のメモです。

●『わたくしが旅から学んだこと』

兼高かおる

小学館文庫

2013年文庫化

→かつて放送されていたテレビ番組『兼高かおる 世界の旅』で知られる兼高かおるさん。「去る者は追わず、来る者は選べ」「贅沢が文化を、余裕がアイデアを育てる」「旅に出ると細胞が活性化する」など、約150ヵ国にのぼる取材の旅から得た人生観を綴ったエッセイ。

●『パンとスープとネコ日和』

群ようこ

ハルキ文庫

2013年文庫化

→唯一の身内である母を突然亡くしたアキコは、母が営んでいた食堂を改装し、母のそれとはまったくことなる趣の店を再オープンさせた。安心安全の食材と手間ひまをかけて作ったサンドイッチとスープ、サラダとフルーツ、それが店のメニュー。店を手伝うのは体育会系で気配りのできる“しまちゃん”という女性。家に帰るアキコを待つのは、かつて店の横にうずくまっていたところを保護したネコの“たろ”。泣いたり笑ったり悩んだり、そんなアキコの日々を描いた小説。