本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

虎馬のしみと鬼虫歯

2ヵ月ほど前から、冷たいものを口に含むと右上奥歯がビシビシしみます。

最初のうちは知覚過敏だろうと思っていたのですが、今は嫌な予感しかしません。

思い出すのは3年前、鬼虫歯を治療後、いつまで経ってもしみる治療歯。

その数ヵ月後のある夜、突如襲った脳天直撃の激痛。

続く激痛に一睡もできぬまま朝を迎え、急きょ行った歯医者で抜かれた鬼虫歯だった治療済歯の神経。

今のしみ続き具合やしみ方は、その時とまさに同じです。

もはや恐怖以外の何ものでもありません。

もう少し先に定期検診に行く予定ですが、それまでもつかどうか。。。

何より不便なのが、普通に蛇口をひねったままの水道水で歯磨きできないことです。

なんせ鬼しみにより頭がかち割れそうなので、ぬるま湯でしか無理なのであります。

恐怖と不便、いいことが何一つありません。。。

しかし、もとはといえば、鬼虫歯になるような行動をしていた自分が悪いのですが。

今は毎夜10分以上かけて歯磨きしています、失われた神経を取り戻すかのように(戻りませんけど)。

というか、はよ歯医者行けや、なのでしょうが、なかなかいい歯医者がなくて。