読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

読書メモ その3

ここ最近、読んだ本の中で面白かったなぁと思ったものあれこれ。

●『イタリア人の働き方 国民全員が社長の国』

内田洋子、シルヴィオ・ピエ―ルサンティ 著

光文社新書

2004年

2004年に刊行されたもので、少し前の新書です。

男女を問わず、一人で仕事を始め、会社を立ち上げ、実績を重ねて、広く名を知られるようになったイタリア人たちの取材を基に書かれた話が興味深いです。

水上タクシー運転手に絵画修復師、玩具メーカー経営者、等々、さまざまな事業家や職業人が登場します。

何がすごいって、この本に紹介されている人たちはみんな、確固たる信念を持って、ある人はしなやかに、またある人は力強く、自分の決めた道をまっしぐらに進んでいるところです。

とにかく行動する力、これが第一歩目にしてとても大きな力だと思いました。

働かなくてもいいというなら1分も働きたくない、と常々思っている私としては、耳ならぬ目が痛い、でも面白く読んだ1冊でした。