読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

読書メモ その2

本のこと

ここ最近、読んだ本で面白かったなぁと思ったものあれこれ。

●『れんげ荘』

群ようこ

ハルキ文庫

群ようこさんの小説。

主人公は、45歳で広告代理店を早期退職したキョウコという女性。

彼女はブランド品や流行に身を包んだ生活に別れを告げ、月10万円の預金生活者となります。

そんなキョウコが新しい生活の場として選んだのが、都内にある古アパートの「れんげ荘」。

そこには、60歳過ぎで自分のスタイルを持ったオシャレなクマガイさん、職業“旅人”で外国人好きの若い女性コナツさんといった個性的な人たちが暮らしていました。

不便さと格闘しつつも、丁寧に淹れたお茶をゆっくり味わう贅沢を知るキョウコ。

そこには、ささやかな幸福と贅沢を求めり女性の姿が描かれています。

私はキョウコのようにきちんと働いてきたわけでもないし、甲斐性があるわけでもありませんが、なんというか、キョウコの生き方にシンパシーを感じているようです。

読んだら「そうそう、そうやねん」となる1冊です。