本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

シルクロードと中国の音楽

「中国の音楽 シルクロードの旅」というコンサートに行ってきました。

中国の伝統楽器のうち、琵琶、二胡、揚琴、古筝の4つの楽器を長城楽団の4名が、ソロや4名揃って演奏するというものでした。

実は、この4つの楽器は、2千年前からシルクロードを通して中国に渡り発展し、今日に至っているそうです。

さらに、日本の琵琶や琴なんかも、中国からやって来ているので、やはりシルクロードとの繋がりがあるわけです。

演奏された曲目は、シルクロードのテーマ、童神、茉莉花、十面埋伏、荒城の月、江河水、蘇州夜曲、天山の春、など全17曲。

中国の音楽はもちろん、童神など日本の曲も中国の楽器で演奏されると、また違った感じがしました。

中央アジアやオリエンタルなイメージとは違いましたが、中国の伝統楽器が織り成す音は、やっぱり遥か遠いシルクロードに繋がっているんだなぁと思いました。