本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

キンモクセイ

今年もまた、キンモクセイの季節がやってきました。

 道を歩いているとどこからか、甘い香りがやわらかな風とともに、ふっと届きます。

 

ある人は、その香りを“トイレの芳香剤”ともいいます。

 

でも私には、なんというか、染み入るような香りなのです。

甘く切ない香り、なんていうと、我ながら鳥肌モノですが、どこか哀愁漂う香りといいますか。

 

しかし、よく考えると、花は小さくて控えめそうな感じだけれど(色もけっこう目立っていたりしますが)、その香りはなかなかの自己主張っぷりです。

 もちろん、植物なので、香りには忌避効果だのいろいろな作用があるからこそ、なのですが。

 

 とはいえ、今年も私は、そんなキンモクセイの香りについ足を止めてしまいます。

 

 でも、他人様の家の前(庭先にキンモクセイが植わっている場合など)で不用意に立ち止まり、花の香りを嗅いでいたら、それはもう不審者扱いです。

そんな時は、そこを通る刹那、風が吹いて香りを運んでくれることを祈るばかりです。

 

一年のほんの短い間だけ香るキンモクセイ、大好きな香りです。