読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とハーブと日々のこと、あれこれ。

読書メモや本にまつわること、アロマやハーブに関すること、日々思うことなどを書いていこうと思っています。

本選びの形あれこれ

書店で働いていたりしますが、新刊や紙の本にだけこだわっている、というわけではありません。

新刊書店はもちろん、古本屋にも足繁く通っていますし、図書館も利用するし、電子書籍ももりもりダウンロードしています。

そりゃもちろん、紙の本が好きですが、「便利やったらいいやん」という考えから、選択肢は広く、私なりの使い分けをしています。

●色のきれいな絵や写真がある場合、内容がツボにハマったなど、手元に置いておきたいと思うものは、新刊で購入します(絶版モノを古本屋で見つけた場合は、それを購入)。

●読み終えたらすぐ手放す予定の場合、古本屋で購入します。

上記プラス、読み終えるのに時間がかかりそうな場合も古本屋で。

気になったものはとりあえず購入して(高額のものは除く)、すぐ読んだり、しばらく寝かせておいたりしています。

●時間に余裕がある時、かつ手元に置く予定のない場合は、図書館を利用します。

図書館で借りると返却期限があるので、あまり時間がない時は読めないまま返却、なんてこともけっこうあります。

電子書籍ではマンガを中心に、無料の文学作品などをダウンロードしています。

無料の場合、図書館で借りるのと同様、お金を払うのはちょっと悩むなぁ、というものも気軽に読めるのでいいです。

何より、冊数が多くなってもかさばることもないので、収納に場所を取らないのが最大の魅力です。

●あとは、ネット書店で購入することもあります。

と、だいたいこういう形で使い分けをしています。

とはいえ、限られた資金、時間、収納スペースに見あった形は、まだまだ模索中です。